経鼻内視鏡

ホーム  »  設備  »  経鼻内視鏡

「上部内視鏡検査=胃カメラ」について

ご存知の方も多いと思いますが、上部内視鏡検査とはすなわち胃カメラのことで、具体的には、先端にカメラのついた細い管を、鼻(もしくは口)から挿入して、食道、胃、十二指腸を観察して病気の有無を診断する検査です。
何もせずに管を挿入するのは、当然痛みや苦痛を伴うので、鼻や喉に麻酔をして検査を行います。また、不安の強い方や希望者には、静脈麻酔を併用して寝ている間に検査無痛内視鏡を行うことも可能です。

胃カメラの必要性

胃カメラを行う目的の大切な一つは、食道癌、胃癌、十二指腸癌などを早期に発見することです。癌は放置すれば死に至る恐ろしい病気ですが、早期に発見し治療することによって、完全に治すことも可能な病気でもあります。
癌の中でも患者数が多いのは胃癌です。しかし、死亡者数が最も多いのは胃癌ではありません。他の癌に比べて、治る方が多いとも言えます。その理由は、治療の進歩もありますが、検診の普及によって早期に発見されていることも挙げられます。
胃癌の検診には、レントゲン検査(バリウム検査)や採血による検査(ペプシノーゲン、腫瘍マーカーなど)もありますが、最も正確で確実なのは胃カメラです。他の検査で異常が指摘された場合も、最終的には胃カメラで精査・診断するのです。

胃カメラでわかること

胃カメラ=上部内視鏡検査でわかるおもな病気は
食道:食道癌、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、食道潰瘍、食道カンジダなど
:胃癌、胃潰瘍、慢性胃炎、胃粘膜萎縮、アニサキス症など
十二指腸:十二指腸潰瘍、Vater乳頭腫瘍など
特に食道癌、胃癌はかなり進行するまで無症状なケースもあり、定期的な検査による早期発見が重要です。かなり早期な状態で見つかれば、内視鏡治療(胃カメラによる治療)が可能で、腹腔鏡や開腹・開胸などによる手術と比べて、体への負担が少なく、これまでと同等の食事も可能となり、生活の質が保たれます。タバコアルコール多飲ピロリ菌陽性(除菌した人も!)の方はぜひ定期的な胃カメラ検査をお勧めします。

胃カメラで大事なこと

胃カメラの検査を受けるうえで大切なことは、
施行者の技術が高いことは当然ですが、
苦痛が少ないこと
高品質な機種を使っていること
です。苦痛な検査では、定期的な検査を行う気が無くなってしまいます。また、どんなに先生の技術が高くても、画像が鮮明でなければ、早期の微細な病変の発見や確実な診断を行うことはできません。

当院の胃カメラ

当院の胃カメラは富士フィルムのレーザー光を用いた最新機種最細径でかつ柔らかい内視鏡を用いた経鼻内視鏡です。経口の太い胃カメラに勝るとも劣らない驚くほど鮮明な画像と特殊な2種類の光を当てることで、微細な病変も見逃しません。
経鼻内視鏡の利点は、反射が少なく患者様が楽なことと、検査中にお話ができることです。そして、鼻や喉の麻酔に加えて静脈麻酔を行うことにより、うとうとと寝ている間に検査(無痛内視鏡)を行うことも可能です。検査後にお声掛けすると、「え、もう終わったんですか?」、「寝ていて全然覚えていません」というお返事がほとんどです。覚醒が良いので、再び眠くなったり、いつまでもボーっとすることはありません。
当院の胃カメラの検査では、前日の夜9時以降の食事は控えていただきます。お水やお茶などの飲水は検査直前まで可能です。当日朝の薬も内服可能(糖尿病薬などは止めて下さい、詳しくは医師に確認してください)です。

インターネットで診察の予約が可能です。
電話での予約も可能です。

各種検診の予約胃カメラ、マンモグラフィー、超音波検査などの予約は電話でお願いいたします。電話による予約や相談は診療時間内(9-12時、15-18時)にお願いいたします。

 

ページの先頭へ